シェアロースターの次は、シェア自転車屋台!?

JUGEMテーマ:アート・デザイン

JUGEMテーマ:ビジネス

中西寿道(なかにしひさみち)です。

京都のシェアアトリエを借りてつくっているオルタナスペース「庭と冒険」ですが、訪ねて来ていただける方が徐々に多くなり、常設の自転車屋台で、珈琲をつたないハンドドリップですが飲んでいただく機会も多くなってきました。

それでちょっと切らしちゃって近所に自転車(こちらは普通の通勤用)走らせて買いによく行くのが、駅の北側ですがKURASUさん。昨日も京都駅にお客様を迎えに行く途中で、買いに走った先に目に留まったジャーナル。
その記事に、大阪で最近注目のシェアロースターさんが紹介されていました。
ありそうでなかったシェアロースター。陶芸作家さんなど職人な方は、他人が使う工房で作業するのを嫌がること多いと思いますが、珈琲の焙煎も同じなのかも。でも、一休みの学校でもお勧めしている複業な仕事のカタチで珈琲を使って、町や自分の暮らしをちょっと贅沢な感じにしたいという方も増えているようですので、うれしいサービスです。
あと、これにお店をどう融合していくか? シェア自転車屋台っていうことで生まれることないでしょうか?
シェアロースターにシェア自転車屋台。珈琲の販売以外で使えるとしたら?
 ※いいこと思いついたらコメントくださいね〜

発明のギャザリング、庭と冒険を探せ!

「庭と冒険」の中西寿道(なかにしひさみち)です。京都駅近くのシェアアトリエ:SOSAK KYOTO  に、一般社団法人一休みの学校が拠点を移して、早くも6ヶ月になろうとしています。

 

初めは、事務所と併設スペースとしてオルタナティブスペース(多目的ギャラリー)をはじめるにあたり、私自身が個人的に参加していたオンライン上の学びのコミュで投げ銭、持ち寄り制のオフ会をすることになり勝手に名付けたのがはじまり。
今回2018年2月3日がVOL4ってことにしていますが、それ以外にもスピンオフ的に訪ねてきて頂く方との場がいくつもあって、数えきれないぐらいです。
交流会の様子
その交流会というか、場を0ベースから立ち上げていくことに面白さを感じる仲間と知合うことが楽しいですし、ご縁ある方々のつながりから共創の何か、良質な下地となるようなモノが生まれると嬉しい。そう思っています。
VOL3からは、2016年の春からこれまた個人的に参加しているソーシャルイノベーション系のオンラインサロンがきっかけで開発した対話のガジェット:移動式自転車屋台が登場。
京都に出来たホステルNINIルームさんのイベントに“旅する雑貨屋さん”ケノモスさんの協力で軒下出店。
京都でお披露目も出来ました。
自転車屋台のことだけに限らず、クリエイティブな生き方と仕事を発明すべく、
発明のギャザリング「庭と冒険を探せ!」VOL4
 2018年2月3日 19時〜 
SOSAK京都G号室オルタナティブスペース(多目的ギャラリー):「庭と冒険」で集まります。
招待制(会費2500円当日・事前決済1930円)です。
hositabi193アットマークgmail.com に、タイトル:庭と冒険を探せ参加希望で、お名前・メールアドレスお知らせください。追って、ご招待メール送ります。

「庭と冒険」序文

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

2012年に京都でスタートした一般社団法人一休みの学校は、社会人が生涯に渡って充実感を持ちながら働き学び続け、仕事上の責任を果たすと共に、人生の各段階に応じた多様な生き方が選択できる社会の実現に寄与する事を目的としています。

 

これまで京都をはじめ飛騨高山など教室や場所にこだわらず、インターネットを活用した情報共有で場をむすび、誰もが持つ先入観や囚われの思考とそれまでの関係性を「一休み」する様な対話が起点で、創業や転職支援を行ってまいりました。

設立当初は自分探しの果てに天職とも言える一つの仕事や働き方を発見し、志を持って生き方を全うする事が究極の人生目標だと考えていました。

 

しかし人生100年時代と共に、今まで正解とされた創業やキャリアアップ方法では難しく、環境変化の激しい今、ゼロベースで未来を計画する生き方さえも時代感覚に合わない気配を感じます。

 

それはコミュニケーションの質がスマホなどの情報端末の普及で変化が起こり、タイムラインと呼ばれる文字や写真の「つぶやき」は、一つ一つに大きな意味を持たなくなりました。砂のような情報が映し出す縞模様に、何を観て想像し創り出すのか?

 


ハイ・コンセプトが叫ばれ久しいですが、複雑なことを複雑なまま理解する方法が必要ではないかという気づきでもあります。

一つのスキルを磨くことをロボットやAIにゆだねて、今ある価値観や考え方から自由になり、素朴に熱中することを多動しながら生き方と仕事を越境する。一見、軸が無いようで目標が定まらず、ゆらぎながら動的に行う行動は、寧ろ自然な振舞いかも知れません。

 

オンラインを当たり前に活用して、熱中する何個もの仕事や活動が情熱の源になり、生活や生き方も豊かになる。欧米のミレニアム世代がそんな次世代複業を「サイドハッスル」と呼んでいるそうです。
結果を追い求める仕事(サイドA)のビジネスとパラレルに熱量を生む複業で創発を起す。制限があるがゆえ創造と工夫を重ね、オンラインとオフラインの融合で密度の高いコミュニケーションを生徒や顧客という枠を超えフラットに行う事が大事ではないでしょうか?

 

そこで、京都駅に近い線路沿いの古い木賃アパートをリノベーションしたシェアアトリエの一室。私達の新しい拠点2×8(にわ)=16屬龍間を9岾放して「庭と冒険」と名付けたオルタナティブスペースとオンラインカレッジをスタートすることにしました。

 

子供の頃、庭に穴を掘り、仲間と基地づくりを熱中した原体験が重なる仕事と生活の狭間。このサードプレイスで、コ・クリエイション(共創)の冒険を繰り広げて欲しい。

 

これは人生100年時代の創発を起こす次世代複業プラットフォームです。

 

一般社団法人一休みの学校  代表理事 中西寿道

 

 

1