ゴミ箱発想箱



ゴミ箱といえど、ブランドってもんあるようですね。

海外でも、小さな製造業が丹精込めて作り続けた逸品は、いい感じです。

ミナログで検索ワード2位のブランディングとは、どちらかというと仕掛ける側の戦略的な活動のことですが、あまり考えていないと・・

例えば、壊れないように頑丈に作っている昔からの製品、こだわりが故、お客の為に高飛車に聞こえるウェブや小冊子が、そのブランドのよさを醸しだしているのに気付かず、柔なモノになってしまうときもあります。

そうならず、さらに良くなるブランディングとは



そのよさを生かしつつ、これからの小さな製造業はどんな発想をすればどんなブランドイメージがつくれるんでしょうね。



ゴミ箱の会社はゴミ箱で勝負して、ゴミ箱を極める基本技に対して、

 ゴミ箱を取り巻く環境を支援する活動
   (環境美化や家庭での情報整理化推進など)で、
         社会的なつながりでアピールするブランド構築


 ゴミ箱コンピュータとか、ゴミ箱ロボットとか、

   アーティストやデザイナーとのコラボでカタチにこだわり、パッと
   広がる発想の自由さで柔らかさと硬さの両面を持つブランド構築
   (トランクなかにし運営のモノ箱ネットのお勧めの方法ですね)

 ゴミ箱屋なのに、ゴミをなくしゴミ箱の要らない世界を提案
  ちゃーんと裏では、最先端研究とかとコラボして、現在の技術を
  バージョンアップしてゴミ箱製造技術の別事業構築しておく


【今日のお題】
あなたの売りはなんですか?

愛すべきゴミ箱
ブログランキング








参照:
コメント

トランクなかにしさま
初めまして
何だか楽しいブログですね
ゴミ箱でココロを語るならば
邪魔なゴミをひとつにまとめるという役割だけではなく
ゴミの整理をすることで家族の一体感を促進する、という
ことを考えちゃったりします。
私のウリは、「モチベーションアップ」「人のココロを豊かにする」ことを促進するプロモーターです。
また遊びにきてください。

トラックバック
この記事のトラックバックURL