March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

叩く愛情

月曜日は動きや状態でモノを考えるシリーズはじめてます。

 第3回目は、叩くを考えます。


モノを叩く、モノで叩く、たたくって 

  痛そうですが、

 気持ちが入りやすい動作かも知れませんね。




 
怒って叩けば、そのモノにつたわるし、

たたき上げっていうように、たたき出すことで、磨きを掛ける
こともある

たたくことで、音を発し、モノの状態を確かめることもありますね〜

ちなみに
トランクなかにしが、クルマのプラスチック部品をつくっている
金型工場の社員をやっていたときは
こんなプラハンマーが至るところにあって、

金型の駒の合わせをするのに、叩いては駒を取り出し、当たり
を削り、そして、また叩くってことやっているのを見てました。
(トランクなかにしは、職人さんじゃないので手元をやっていたぐらい
 ですが)

つらいときも、楽しいときもここでは、ハンマーで叩いて最後の合わせが
あります。そんな現場での日常の作業ですが、

今日も、作業は続いているでしょう。

      モノづくりは叩く愛情でできているんだなぁ


=送料・代引手数料無料= ショックレス・ポリウレタンハンマー SPH-60



【今日のお題】
叩くことで、良くなるこだわりのコトを教えてください

叩かれて〜 伸ばす順位が、ブログかな?
ブログランキング

comments

叩くで検査も必要ですよね。

でも、最近
お医者さんは、聴診器当ててトントンってやらない
先生が多くなっているらしいです。

五感を駆使して、病を感じるというより
医療機器の数値に頼る判定が主流になっているとか・・

トランクなかにしも検査を担当してましたので、
この数値と悪いところを感じるって感覚役割
があると思ってます。

この辺は、記事にエントリーして見ますね。

先程我がブログに「シンクロ」と「叩く」の関連性書いてみました。
ご批判下さい。

建築の世界でも、検査ではいまでも結構たたきます。
たたいて見えない内部や仕上がりぐらいをチェックする
んです。原始的でしょう。

お医者さんの打診は今でも基本中の基本ですよね。
聴診器から聞こえる打診音でどこが悪いか診るんですから
たいしたものだと思いつつ、原始的です。

きっと、たたくことにより本来の≪中身≫が聞こえてくる
んでしょう。
それと見える人には見えるんですよ。

人間もたたかれてナンボ。
ポンポン中身の無い音が聞こえないか、自分ではわからない
だけに心配です。

  • 大阪の中
  • 2005/05/30 6:01 PM

コメント、TB有難う御座います。
それでは私は量子論ユングの唱える「シンクロニシティ」と「叩く」との関連性を追及してみます。
新たな発想有難う御座います。
独断と偏見の私の結論が出れば報告するつもりです。
それでは。

   

trackback

pagetop